のんびり気ままに近況報告

自由な学生によるのんびり気ままな一言投稿

オンやるを広報しまっせ!

オンやつ通信第4弾掲載です!

私編集長がオンやるを総括してみました!

https://onyaru.com/assets/pdf/%E3%82%AA%E3%83%B3%E3%82%84%E3%82%8B%E7%AC%AC%EF%BC%94%E5%BC%BE_%EF%BC%99%E6%9C%88%E5%8F%B7.pdf

また、今回はオンやる通信初の号外にもチャレンジしてみました!

オンやるの楽しみ方を編集長なりに解説してみました!

https://onyaru.com/assets/pdf/%E3%82%AA%E3%83%B3%E3%82%84%E3%82%8B%E9%80%9A%E4%BF%A1%E5%8F%B7%E5%A4%96.pdf

どちらもぜひご一読ください!

 

また、オンやる通信はホームページにて連載中です

ぜひに!!!

onyaru.com

 

オンやるもカウントダウンが始まりましたね!

とっても楽しみです♪

タイムテーブル貼っておきます!

f:id:KOBATETSU:20200922162622j:plain

オンやる タイムテーブル



オンやるアドベントカレンダー:オンやる通信編集長が地元浜松をじっくり解説

皆さん、改めましてこんにちは!オンやる通信でおなじみ、編集長ことこばてつです。今回は、私の地元浜松を特集すべくこちらにはせ参じてきました。

まずは、初めましての方もいると思うので少し私の紹介を

ニックネーム:こばてつ

年齢:20歳 1年生 (記事執筆当時)

静岡県浜松市在住

前記の通りオンやるにて、オンやる通信企画編集を担当

 

本記事は、私が今参加している、オンやるという企画のアドベントカレンダー参加用の記事です!

オンやるは、9月27日プレ開催なので、みなさんよろしくお願いしますね!

onyaru.com

あ、あと、私の企画、オンやる通信もくどいようですが、よろしくです!

 

これが私の地元浜松の魅力

皆さんは、静岡県浜松市をご存じでしょうか? 静岡は知っているけど、浜松はイメージはないなという方も多いのではないでしょうか。浜松は静岡の中でも、割と大きな街のはずなのですが、新幹線はこだま号しか止まらいですし目玉になる観光地というのもなかなかないですね。じゃあ、魅力ってなんだと思った方!安心してください!これが意外とあるんです!! それでは今からざっくりとではありますが魅力を深く広く紹介してきます!!!

 

魅力①:意外とあるんです! 浜松の名所 

まず浜松の名所として、僕が押したいのは浜松城です。浜松の中心部にそびえ立ち、周りは緑に囲まれていて、日本庭園など心落ち着くこと間違いなしです。さらに浜松城の一番のポイントは「出世城」と呼ばれていること、江戸幕府を開き天下を治めた徳川家康老中首座まで昇りつめた水野忠邦など歴史をあまり知らない人でも耳にするような人物がかつて居城としたいたこともさることながら10人以上もの江戸幕府の要職に就いた人物を輩出しているのですから、皆さんも訪れてみると何かご利益があるかもしれませんね!また浜松には家康や徳川家ゆかりの地が、数多く存在しています。めぐってみるのもアリかもです。また、浜松城を訪れた際は、浜松のゆるキャラ「出世大名 家康くん」と石垣の中にあるとハート石を探してみるのもアリですね。ちなみに筆者である私編集長一日中石垣を探してみたところなんと!ハート石を見つけることができませんでした(笑)

次に名所として紹介するのもまた歴史の名所、皆さんはNHK大河ドラマ「女城主直虎」をご存じだろうか、舞台となった遠州遠江というのは現在浜松がある地域なのです!そのため井伊直虎ゆかりの地も数多くあります。直虎が出家し「次郎法師」の名を与えられた場所でもある龍潭寺龍潭寺には直虎ゆかりの品々に井伊家歴代当主が眠る墓をはじめ、国指定名勝「龍潭寺庭園」など貴重な文化財も多数あります。また井伊谷城跡やロケ地となった高根城など、少々坂道が多かったり、アクセスが不便な面があるが、歴史好きをうならせる自信があるところなので浜松城と合わせ技でどうだろうか?

さて歴史名所を熱く語ったところで一休みして、次の話題に移ろと思います。

浜松が音楽の街でもあるです。ヤマハの本社があり日本のグランドピアノの生産量・出荷量共に日本一というところからきていて、浜松駅を出てみると街の色んな所で音符をモチーフにしたモミュメントを見ることがあるかもしれません。また浜松駅を出てすぐ左側にあるランドマークタワーアクトタワー」はハーモニカをモチーフにしているのだとか、駅から近場にある楽器博物館には、古今東西あらゆる楽器の展示があり展示数はなんと1500点もあるそうです。また少し町から離れたところになるのですが、舘山寺温泉には、オルゴールミュージアムもある世界の貴重なオルゴールが70点も展示されています。なんでもここでしかお目にかかれないオルゴールがあるのだとか。

さて名所のラストはオルゴールミュージアムの話でシレっとでてきた舘山寺温泉について

浜松の温泉街として外せないのはやっぱり舘山寺温泉です。舘山寺温泉は昔ながらの鄙びた温泉街の装いを感じさせながらも、浜松きっての遊園地パルパル、動物園に、四季折々の花々が楽しめるフラワーパークなど浜松きってのレジャー施設が多数あります。また、浜名湖をぐるっと回る遊覧船などもあるので色々回ってみてはいかがでしょうか?

魅力②:グルメだって負けちゃいない!

さて、浜松名所を語りつくしてきたところで、グルメに話を移していきましょう。  皆さんは浜松のグルメといって何を思い浮かべますか?きっとうなぎパイが浮かんだ人も多いのではないでしょうか?うなぎパイは、浜名湖の名産うなぎの粉を使用して作られているお菓子でとってもおいしいお菓子です。甘い味付けなので決してうなぎの味がするわけではないのです(笑) うなぎパイを買い求めるならうなぎパイファクトリーをお勧めします。うなぎパイを作っている工場でうなぎパイの生地作りから焼き上げて袋詰めするまでの工程をガラス越しに見ることができます。見ている工程もなかなか面白いですよ。 ぜひぜひおみやげにもどうぞ! そしてうなぎパイをおやつに食べた後は浜名湖産のうなぎのかば焼きを夕食にいかがでしょうか?脂がのっているうなぎにどのお店もしのぎを削りながら高めたであろう秘伝のたれで味付けしたうなぎのどんぶりは本当においしいです!!

皆さんはB級グルメも食べたいですよね、そんなときは浜松餃子はいかがでしょうか?浜松餃子の特徴は餡です!普通の餃子の餡といったら白菜やニラを想像するのではないでしょうか?しかし浜松餃子の餡は、キャベツ、豚肉、たまねぎ、です。キャベツを中心としたあっさりとした味ながら豚のコクと棚ねぎの甘味が合わさって口の中が幸せになるのは間違いなしです。またフライパンに並べて焼くためお皿に盛りつけるときは特徴的な円形をしています。ちょっと‘‘映え‘‘になるのではないでしょうか?付け合わせにこれまた特徴の一つもやしをのせてぜひ食べてみてください!

浜松は海と山の自然両方の恵みを得ているため三ヶ日ミカンやフグをはじめたくさんのグルメがあるのでぜひ食べ歩きもしてみてはいかがでしょうか?

魅力③:浜松人の魂 浜松祭り

浜松人の魂、浜松祭りはゴールデンウィークの真っ只中の5月3日~5日までの3日にわたり開催される祭りのことです。日中は中田島砂丘といわれる砂丘の会場で凧揚げを行います、祭りに参加しているすべての町が一斉に青空に凧をあげる光景はとっても壮大で美しいものです。凧のデザインにも各町とってもこだわっているので、見ごたえはMAXであること間違なしです。そして夜は町の中心部では、各町の屋台が集まっています。夜の暗くなりつつあるところに屋台の明かりと提灯の明かりが浮かび上がりとってもきれいです。そこに浜松祭りの特徴の一つラッパ隊が奏でるラッパに屋台のおはやしが加わり街中がとっても華やかな装いになります! 浜松祭り最終日は、日中の凧の糸を切りあって競う糸切合戦から1日中盛り上がりぱなしなので、ぜひ昼と夜両方の浜松祭りを見ていただきたい!

 

どうでしょうか?浜松って魅力たっぷりじゃありませんか?確かに都会でも観光地でもないところかもしれませんが、今のこのコロっとしたウイルスが無くなったらちょっとふらっと訪れてみるのもアリではないでしょうか?

 

オンやる通信 絶賛発行中

皆さんは、オンやるのホームページでオンやる通信はご覧になられましたか?

現在第2弾まで発行中!

読者参加企画ちょっことあります!!

 よろしくお願いしますね!!

こちらより見ることができます

onyaru.com

オンやる通信発行記念

もうだいぶたちましたので、もう知ってるよ!(笑)という方もいらっしゃるのではないかと思う今日この頃ですが、宣伝です

僕が主体となって進めているオンやるの企画 オンやる通信の第1号が完成しました

(約1週間くらい前(笑))

 

 

ITが全くわかえないからあえてアナログでやってやったぜ!と、

20歳学生編集長の思いつきとんでも企画!

オンやるの日常、雑談、宣伝そして”おもしろ”を提供・宣伝いたします

ぜひご一読ください!!!

 

オンやるホームページから見ることができます! リンクはっておきますね!

onyaru.com

オンやる通信 広報第0弾!

オンやる通信のプロトタイプ完成

先日、ブログでチラっと書いた「オンやる」

本当にたくさんの企画が盛沢山なところなのですが、わたくし、こばてつも

「オンやる通信」という企画を担当しています!

オンやる通信はオンやるの新聞、週刊誌、掲示板といった媒体で

オンラインが主体のオンやるの中であえてアナログなところをせめて見た企画です

 

今回はそんな、オンやる通信の発行前のいわば”ゲラ”ができた報告です

今後、うまくいけば今月末には、公式ホームページにてお披露目できるとおもいます!

ぜひ、ご一読ください!

ちょっとした宣伝

私がこのブログを始めた理由、、、それは今学校で計画中の企画に参加するため

企画って何?

気になった方は「オンやる」で検索!

https://onyaru.com/←ホームページもよろしく!